総量規制とは

総量規制とは、個人の消費者を借り過ぎによる生活破たんから保護するために作られてた法律です。

規制とというと、消費者が不利益をうけるような印象があるような気がしますが、この法律は、個人の消費者が返済能力を超えた融資を受けない様にするということが目的なのです。

ですから、貸金業者はこの決まりに違反すると罰金や懲役などの処罰を受けることになります。この法律によって保護される個人の消費者は総量規制以上の融資をうけていても罰則はないですし、融資限度額を超えている部分の金額をすぐに返済しないといけないという決まりもないです。

また、借り過ぎによる生活破たんを防ぐための法律なので住宅ローンやマイカーローンなどのように、担保があって返済能力の範囲内と認められる借り入れ等は総量規制の対象外になるのです。

個人の消費者は年収の三分の一を超えてはいけないのはなくて、キャッシングの総額が年収の三分の一を超えてはいけないということなので気を付けてくださいね。

年収に関しては、給与の他に不動産所得など定期的に決まった額を得ることができる収入があるのであればそれらを合算することもできます。ギャンブル等での収入は含めることはできません。

総量規制の規定によると、貸金業者が行う個人への無担保・無保証融資の貸し付け対象となるのは「収入がある人ととその配偶者のみ」なのです。

配偶者を覗く扶養家族の場合には、世帯に収入があったとしても本人が無収入なのであれば借りることはできません。

また、家族からの仕送りも収入とはみなされないので、無収入の学生は融資対象外となります。
総量規制は個人への無担保や無保証の融資を対象とした規制なので、たとえ保証人を用意しても年収の三分の一までの額しか借りることができないのです。

貸金業者以外からの借入であれば総量規制は適用されないので自分に収入がなかったとしても配偶者に収入があればお金を借りることができる場合があります。

※総量規制対象外の金融⇒主婦借入
貸金業に当たらない、銀行からのローンや信販会社のクレジットカードでの買い物には総量規制は適用されません。銀行のローンや信販会社のカードの利用はそれぞれ銀行法や割賊販売法の規定が適用となります。ですが、クレジットカードでのキャッシングをした場合にはその額が年収の三分の一の枠に加算されて、総量規制の対象となるので注意してくださいね。